読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノイズブログ

色んな雑音に影響されて感じたことを発信するブログ

プレミアムフライデーが開始されて暫く経ちましたが…

プレミアムフライデーとは

プレミアムフライデーを知らない人もいると思うのでかんたんに説明すると、
政府と経団連が国民の消費推進の為に提唱した社会人向けのキャンペーンです。

ある決められた日(金曜)に早めに退社することで、
残りの時間を消費に使ってもらって経済をより良く回そう的な働きかけです。

詳しくはこちら。
プレミアムフライデー - Wikipedia

もしくは公式サイトを参照
premium-friday.go.jp


プレミアムフライデーの実施具合

導入企業は現時点(17'03/12)で5,374社。
導入企業一覧は公式HP(上記URL参照)から参照できます。


日本の総企業数はおよそ400万社以上とされているので、
導入率としては、この数字だけみると実に0.1%くらいですね。


導入企業として申請していない企業もあるでしょうから
一概には言えないけれど決して多いとはいえません。


この一覧を見て思うのは大企業と言われる社名もそこそこあるし、
なにより街の小さな中小企業と思われる会社も名を連ねていることに驚きました。

導入社を見ていると結構面白い企業があったりして楽しめます。
個人の鍼灸院やパチンコ店なども入っていたりします。
(パチンコ店の金曜3時仕事上がりとは一体…


ちなみに私の属する会社は導入していません(泣

プレミアムフライデーの導入企業側のメリット

これは何があるのでしょうか。
もちろん日本経済のために協力しようとする精神はあるでしょう。
しかし、企業側のみのメリットがまだ少なすぎるのではないかなと
個人的には思いました。


導入を増やすことのできないのは、
もう少し政府側も何かしらの恩恵をつけないと難しいのでは?

ただ恩恵をつけたところで税金を使用したものだと
導入していない企業との不公平感が出て、
それはそれで批判がなので難しいところではあります。


導入企業一覧に名を載せるのは、
「ここはホワイト企業だな!」と思わせるのには一役買いそうではありますが。

プレミアムフライデーを実施している企業・社員

どういった働きかけで推進しているのか。
実際に導入されている企業の社員は、
実際に早上がりした際の行動は、導入目的に即しているのでしょうか。

中には特別なイベントを催してる企業などもあるみたいです。

www.fashionsnap.com


こういった意欲的に取り組む会社も多々あるようですが、
一社員としての意識は中々難しいようです。

やはり早く帰ることができるからといって、
なにかの消費行動をしようと思う人は必ずしも多くはないようです

news.mynavi.jp


これからプレミアムフライデーを導入する企業は増え続けていくのでしょうか。
導入企業がある一定数を超えれば、
打ち合わせ日時や取引日時が合わない関係から一気に広がりを見せそうな
雰囲気はあるのですが…